新卒採用

職種紹介

工場を動かす、機械を動かす。映像を送る、音を送る。自動車を快適に走らす、ドライバに注意を促す。いろいろなシステム作り、いろいろな社会貢献があります。あなたはどんなエンジニアになりたいですか。

SEとは

SEとは、ユーザの業務・機械の動きを調査・分析し、コンピュータシステムの動きの基本設計とその細かな仕様を決める技術者のことです。 たとえば、ユーザのこうしたいという要求に対し、それを実現するために必要な技術要素を検討し、細かな仕様についてユーザーにヒアリングを行い、開発にあたっての設計書(仕様書)を作成し、開発に必要な費用や日数を計算して見積書を作成するなどの業務が発生します。 主な仕事が基本設計であるため、ハードウェアの仕組みやシステムの構築方法、ユーザの業務全般にわたる知識や、プロジェクト管理の経験などが要求されます。 また、プログラミングの進捗管理や、システムの保守管理などもSEの業務です。

プログラマとは
プログラマとは、コンピュータを動かすためのプログラムを作成する人を指します。 現在のソフトウェア開発では、プログラマがいきなりプログラムを組んでいくことは不可能で、必ずその前にSEが設計を行います。
特に近年ではシステムがどんどん巨大化・複雑化していますので、上記のような分業はより明確になっています。

(当社の場合は、全員がSEでありプログラマです。)

仕事の流れ

1.分析・提案

システムの納入先(ユーザ)がどんなシステムを必要としているのか。またそのために我々ができることは何なのか。現状把握のための調査と提案を行ないます。 ここでユーザがシステムに期待すること-要求仕様-をヒアリングし、実際のシステム作りの立案を行ないます。 プロジェクトが立ち上がり、その中でそれぞれのSEの役割分担が決められます。

2.設計

ユーザの要求仕様を元に、実際に技術的にどう解決していくのかを決めるのがこの段階です。プロジェクトチームの中で、要求仕様をさらに技術レベルに落とし込んでいきます。

プログラムの構造、データ構造、周辺機器とのインターフェースなどを仕様書に落とし込み、さらにプログラムの詳細設計(関数ごとの仕様)、実際のプログラミングへと繋がります。

3.プログラミング

これまでの段階を経て落とし込まれた詳細設計に基づき、実際のプログラミングが行われます。 社外のプログラマに依頼することも多々あります。その場合は、進捗管理やモジュールごとの確認などの役割が発生します。

4.デバッグ・試験

プログラムが出来上がればテスト段階に入ります。 テストの方法は設計段階で作成した「試験仕様書」に基づいて行われます。 試験は特に時間をかけて、後々の不良を防がなければなりません。

5.現地調整・納品

厳しい検査を経て、ようやく納品となるのですが、最後にもう一度納品先で最終的なテストを行います。これを現地調整といいます。 実際の機械などは現地にしか無い場合が多く、最終的には、現地で試験をして、システム稼動となります。

PAGETOP